1/100 C-X 次期国産輸送機


前防衛庁長官、石破茂代議士の事務所から塗装を依頼されたものです。
塗装前の状態は撮影するのを忘れていましたが真っ白の状態でした。
ソリッドモデルですので木製かと思いましたがレジン製でしたので
ガレージキットと同じ感覚でできました。


コーションマークなどは実機がないので省略しています。日の丸だけデカールを作りました。
塗装は空幕からの簡単な塗装見本があったのでそれを基本にそれらしく塗ってみました。
下面をFS36375、3色迷彩をFS36231、FS36081、BS381C/638という
米、英、空、海軍ごっちゃの実際にはありえない組み合わせの配色です^^;


石破事務所の吉村さん曰く「マンタみたい」。
なるほど〜。実際に塗ってみたらネコザメみたいになってしまいました^^:

スケールから見るとかなりでかい機体です。



モックアップも翼がない状態でしたから
機体全体の立体は初めて見ました。

一応モールドに墨入れしましたが
モールド自体が太いのであまり目立たないようにしています。



1/72 204SQ空自50周年記念機と共に
議員会館にお届けに伺った際の証拠写真(笑)
右が石破代議士、左が私、渡辺です。
石破代議士はテレビなどで見る印象と違い終始にこやかで気さくな方でした。

ちなみに撮影は航空マニアの間でも有名な秘書の吉村さんです^^;