12-8928

以前まで毎回変わっていた衣装も
この年以降は基本変更なしで最後までいきます
(部分的には変わっていますが)。

初めての7機ということもあって
1ヶ月以上の期間をかけたのもこの年が最初で、
デザインもシステムもこの年で確立されました。

写真をクリックすると大きいサイズで見れます


実機写真


左ノーズ拡大
バージョン1

機体全景
小松に出発前のバージョン2

左バージョン2
ドクロを踏み割っているのは
今見るとかなりエグい表現ですね^^;

右ノーズバージョン2。
コブラの質感を変えるために
筆塗りを多用しています。

メイキング状態。
ロゴを入れるのは初めてだったので
色々なやり方を模索していました。
この機体はロゴの部分を抜いていますが、
抜かずに上からかぶせるやり方で
描いたものもあります。

キャラクターは完成。
あとはロゴの塗りを残した状態。
ピトー管のガードが着いているのは
珍しいのですが、
これはこの後フェーズ検査の為に
洗機を行う準備なのです。
描いている方は洗剤で少々擦られても
落ちないのは知っていますが、
実際に洗機を行う人に気を使わせても
申し訳ないので、
ここまで完成に近い状態で洗機を行ったのは
これが最初で最後だったように記憶しています。


原画

この頃は細かい所は実機で直接描きこむ方法をとっていましたので
原画はラフにしかすぎません。
最終的なイメージは頭の中にありました。
この後パソコンの導入によって事前に色々試すことが可能になって
紙面と機体のギャップがほとんどなくなっていきます。

バージョン1。

バージョン2

カラーイメージ