1/200 WWMその2


ワールドウィングスミュージアムを使って
航空自衛隊50周年記念塗装機を作ってみました。



204SQ JASDF 50th Anniversary


WWMの2番使用。
ウィングパイロンを一度切りとってから機体色、白の順に塗装して
デカールを貼っています。




306SQ JASDF 50th Anniversary

WWMの2番使用。
これもウィングパイロンを切り取って全面赤に塗装し
グレアシールドの部分はその上から機体色を塗装しています。
その後デカールを貼って完成。




302SQ JASDF 50th Anniversary

WWMの11番使用。
ウィング370Gタンクは塗装のために一度取り外し
ノーズはレドーム後ろで切り落とし1mmのプラバンを挟み込み延長。
ノーズのピトー管と垂直尾翼のプローブを0.5真鍮線で追加
全体を白で塗装してレドームその他を塗装した後デカールを貼って完成。




304SQ JASDF 50th Anniversary

WWMの2番使用。
ノーズのストライプ部分をマスキングして
全体を青(インディブルー)で塗装。
後はデカールを貼って完成。




201SQ JASDF 50th Anniversary

WWMの2番使用。
機体色に全体を塗った後、濃い方の青を塗装し
デカールを貼ります。
その後にインテーク外側の青を塗装して完成。




203SQ JASDF 50th Anniversary

WWMの2番使用。
機体色に塗装した後、キャノピー後ろの青のラインを塗装。
デカールを貼って完成。




301SQ JASDF 50th Anniversary

WWMの12番使用。
370GALタンクを11番から取ってきて付けます。
全体の黄色、垂直尾翼の黒、赤を塗装してデカールを貼ります。
ノーズの改造は302SQの時と同じです。




8SQ JASDF 50th Anniversary

WWMの12番使用。
改造は301SQと同じです。
全体を機体色に塗ってデカールを貼って完成。